河田眼科は都営大江戸線 新江古田駅より徒歩約2分、
西武池袋線 江古田駅より徒歩約5分の場所にあります。

〒176-0011
東京都練馬区豊玉上1-3-1 ミューズ豊玉1F

03-5946-5433

メニュー

子供の視力・斜視・弱視

  • HOME
  • 子供の視力・斜視・弱視

子供の視機能

眼の発達に重要な乳幼児の時期に遠視・近視・乱視等の屈折異常や斜視等の眼の位置の異常により、物にピントがしっかり合っていない状態を放っておくと、将来視力が出にくいままになることがあります。
小さいお子さんは自分から見えづらいと訴える事はあまりありません。大人の様にしっかりお答えが出来ないご年齢のお子さんでも出来る検査はありますので、眼の位置や顔の傾きが気になる、眩しがる、片目をつぶってものを見る、3歳児検診で指摘を受けた場合などは早めの眼科受診をおすすめします。

視能訓練士による検査・訓練

点眼薬(サイプレジン・アトロピン)を使って、お子さんの屈折の状態や、眼の位置を詳しく調べます。その結果によっては、しっかりピントを合わせて視力や両眼視機能を発達させるために眼鏡の装用を開始したり、訓練をしていきます。 視力や両眼視機能が十分発達するまでに必要な期間は状態により異なります。視能訓練士が検査を担当し、それぞれのお子さんに適した治療を計画していきます。